このブログでの掟。

1・ここに来たなら、最低一回はコメントを!!!

2・誰かを侮辱、差別、苛めるようなことは絶対にしない!そのようなことをしたら拒否をする。

3・このブログは共有の場である。人には好き嫌いというものがあるので人の趣味に首を突っ込まない!

4・画像、バトンなどを持っていくはほぼ自由。ただし、「もらっていく」など、持っていったことが分かることをコメントしておくこと!(「持っていくのは自由」と書いてある場合は別とする。

5・「『マックス幾戦記録物語』。全然かかれてないじゃ~ン。」などということは絶対に(ここ重要)いわない!!!そして「mmマックスは永久に不滅です!!」




次。
[PR]

# by tookaiterebi | 2010-12-31 14:48

なんてこった・・・・・・・・。

おれの勝った携帯がこのブログにログインできなくて、結局放置しといて数ヶ月・・・・・・・・・・・このざまだOTLlllllllll

ということで、みなさんこんちは。mmまっくすです・・・・・・ものの見事に過疎ってますねぇ・・・。
どうしましょうか。この最悪の状況を。どう打破しましょうか。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・とりあえず、画像でも貼っておきますわ。
・・・・・・と、画像を張ろうと思ったら・・・・・・・・・・・・・。ハプニング発生。

が・・・・・画像がない∑(゜д゜;)

実は、このパソコン前に完全にぶっ壊れたことがありまして・・・・・。そのときに修理に出したもんですから
画像とかは今はないという。。。。。。。。。。。。



ナンテコッタイ/(^o^)\



これが、ブログをサボっていた罰か・・・・・・・・・・・・意外に大きいぞ・・・・・・・・・・。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-11-28 16:48

あ~な~た~がいるから~。あ~る~きだせるあ~し~たへ~

いやぁ~。いつ聞いてもいいすねぇ。
Resolutionは。
あ、どうもこんにちは。mmまっくすです。冒頭部分でうなずいている人もいると思います。
そうです。「機動新世紀ガンダムⅩ」の後期OPですよ。やっぱ神曲だわ。これ。
最近mp3でめっちゃこの歌聞いておりまして、歌詞覚えたくらいですよ。あぁ。カラオケで歌いてぇ・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいませんね。自分の好きな歌の話なんかしたって、つまらないですね。
はい。話を切り替えて本題に移りましょう。実は最近またガンダム(全作品見ようとは思っている)
を見始めたのですが。見てるときの感想って、人それぞれ違うんですよね。だったら、自分がガンダムを見たときの感想を書いたら、人様はどういう反応をするのかと。思ったりなんかしちゃって。
最近、土田〇之(〇で隠さなくても分かるか)さんがガンダムの論説文みたいな本を出したじゃないですか。あれ買ったんですけど、
これが面白いですよ。すごい細かいところまで見てるなぁ~っていう感じ。それなのに、お固くまとまってないで、分かりやすく書いてある。さすが、「ガンダム芸人」の称号がついているだけのことはあります。(←なんか、図が高い。
そういうことで、僕もこういうことやりたくって、それをまずブログで発表してみようと考えました。題して。
mmまっくすのガンダム論~頭ん中8割がたガンダムです!~・・・・・・・・・はい。何か普通ですいません。このようなタイトルで今後進めて行こうと思います。まぁ。書くことといたしましては、最初のほうにガンダム(ファースト~OO2ndまで)をとりあえず一通り見た上での感想を書きつつ、後のほうは、気になったこととか。これおもしれえなぁと思ったこととか。そのようなことを書きたいと思っています。ただ、皆様も分かっていらっしゃるとおり。私、mmまっくすは高校1年生ですんで。部活バリバリですんで。そこんところは・・・・・・・・・・皆様が察してくれると嬉しい限りでございます。まぁ・・・・・・・・・・・正直OO2ndまで見るとか書きましたが、結局見れずに小説とかで補い(ry
・・・・・・・・いえいえ!!!だ・・断じてそんなことはごぜぇませんよ!とっつぁん!!!!
・・・・・・・・・まぁ。よろしくお願いします。

ん?あなた達。何か突っ込みたいような顔をしていますね。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-27 16:35 | ガンダム

パノラマカーよ。永遠なれ。

c0092148_14534565.jpg


こちらの電車は、僕が住んでるまちを走っている、「パノラマカー」 という電車です。
実はこの電車。今年の8月30日(もうすぐ)に引退することが決定しました。
正直悲しいです。僕にとっては、急行に乗るならまず「パノラマカー」に乗りたいですもん。
電車すきなんでね。・・・・・・・・まぁ。僕の父さんが生まれた頃からずっと走ってきたので、
約40年でしょうか・・・・・・・・・・・・それだけ頑張ってきたんだから、お疲れ様といって
最後をかっこよく走りきって欲しいと思います。

パノラマカー。ありがとう。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-25 14:59

おひさの今日の一言。

みんな、ひっさしぶりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!


・・・・・・ではないんですよ。実は携帯で投稿しておったのですよ。
まぁ。ということで、今日の一言

新しい時代を作るのは、老人なんかじゃない。
これを麻生さんに言いたいのは。僕だけでしょうか(笑)
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-25 14:52

なんてこった・・・。

宿題が、半分以上おわっていると思ったら、本当のところは半分どころか、4分の1も終わっていなかったというオチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。あぁ・・・。私の考えた最高の夏ライフは、夢物語・・・・・いや、妄想と終わってしまいそうです・・・・・・・・・・・・・・。はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・。                                        ということで、皆さん、宿題は終わりましたか?
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-15 22:43 | 日記

またまた投稿

こんばんは。mmまっくすです。最近全然投稿してなかったもんで、今日は、連チャンでいこうと思います。                                                ・・・・・・と、いっても書くことがないので、現在の私のからだの状況を。             ・・・・・・現在、私の臀部。いわゆるケツが打撲して、かなり痛いです。                          ・・・・・・・・・・・・・・・・。       ・・・・・・・・・・すんません。そんだけです。 OTI
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-08 20:09 | 日記

祭りダアー!!!!!!

いやー。夏っすねぇ。あ、お久しぶりです。mmまっくすです。今、地元で、なつまつりが行なわれていまして、とてもフィーバーしております。・・・・・・ってこんな感じで締めていいのでしょうか?                             ・・・・・。まぁ、いいですよね。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-08-08 19:55 | 日記

今日の日記

どうもこんばんは。mmまっくすです。
「マックス幾戦記録物語」。見て頂けたでしょうか?見て頂けたら幸いです。


・・・・・・・さて、今日の日記ですが、今日は僕達の高校がテスト週間ということもあり、
「土曜学習会」ならぬものをしました。・・・・・・はい、わかっています。その「テスト週間なのに、ブログ更新してる暇がお前にあるのか?」的な目線は。よ~く分かっていますから。・・・・・・・・・・と、いうことで、無視してそのまま進行。・・・・まぁ。内容は、いつも授業をしている時間(50分)×3本という、非常にちゃっちいものだったのですが。まぁ。このぐらいがちょうどいいんじゃないでしょうかね。結果的には、僕でもなんとか目標のものはやることができたんで、まぁまぁ上出来みたいなところだと思います。・・・・・・・・・・・・って、一体何を語ってるのでしょうか僕は。別にその一分野だけ人より優れている「〇〇専門家」になりたいとは思っていないのですが・・・・。・・・・・・・・・・墓穴を自分から掘りそうなんで、この辺で失礼します。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-05-23 21:32

マックス幾戦記録物語(HDリマスター版) 第二部 ヒマラヤ編

目の前にジムが2機。だが、普通のジムではない。ヒマラヤの白に身を隠すような色をしているそれは・・・ジム寒冷地仕様機!!・・・・・だとおもう。ジムは白の系統が多い(陸戦方ジムは違うけど・・。)ため、このような雪山は、本当に紛らわしい。
私語にすれば「うざい。」。・・・・・・いかんいかん。私語をいうと、負けるという言い伝えが・・(あるか?)そんな一人漫才をしている間に一体のジムに、マシンガンをくらった。「くっっっっ!!」しまった。うかつだった。直撃してしまったため、わが愛器(もちろんアッガイ。あっ、いっちゃった。)は倒れた。「よく考えろ。マシンガンというと、たぶんジム改(!)か、寒冷地使用だろう。だが、ここまで前線にきた私に、中距離のジム改が来るとは考えにくい。」実は気がつくと、もうすでに回りでは交戦が始まっていて、私はヒマラヤの連邦側の少し手前まで来ていたのだ。「だとすると、私を狙ってるのは間違いない。寒冷地専用だ!!!!!・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・バゴーーン!!!!!!「何をやっている!!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・結論が出るまで、約0.2秒ではないので(僕はニュータイプじゃありません。)
たぶん、考えるのに数十秒かかったのだろう・・・・・・・・。ふぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・お気づきであろうが、あまりにも考えるのが遅かったために、周りを見ておらず、やられたのだ。
敵に。マックス、頭の悪さで敗れたり!!!!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もうそのあとは書かないでおく。なぜかって?そこは君達で察してもらいたい。
・・・・・・・・・・・・・・・あぁ。うぜぇ。もうやけくそだ。


     この日の記録
  撃破数・・・・1(たまたま弱っていたジムを、たまたまぶっ放したみさいるで・・。)
被撃破数・・・・3・・・・・・・・・・。
私のページにまた新たな記憶が残った・・・・。いや、残ってしまった。(残して欲しくないのだが・・。)
そして、なぜか後世に伝えておくべき名言も、ひとつ残った。
「私語をいうと、戦は負ける。」
・・・・諸君。おぼえておこう。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あぁ。うぜぇ。


__________________ヒマラヤ編   完。   ・・次回。へんな風に続いてる(かも?)
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-05-22 20:08

マックス幾戦記録物語(HDリマスター版) 第二部 ヒマラヤ編

走り出した私はいつもの場所へと向かっていった。
(500円玉とカードを握り締めているのは内緒だ・・。)
「まったく・・・。またやるのかい。私は正直言うとこんなゲー・・」
ゲームではないのだよ!!母上!!」「・・・・・。」・・・・敵(?)を黙らせることに成功。さっそく
愛馬(家族の車ですけど・・・・何か?)から降りてコロナ戦域と向かっていった・・・・。
幸いにも私のばんはすぐに来た。すぐにコクピットに乗り込む。ガウが飛ぶ音を頭の中で想像した。ヴェンヴェンヴェン・・・・。今回の戦場は「ヒマラヤ」。いわゆる雪山だ。あたりを山脈が囲っており、前回の「グレートキャニオン」に雪を降らせたような場所だ。一面を雪が緑の山を白く染めている。白狼。シン・マツナガを思い出すのは私だけであろうか?・・・・・そうだろうな。
「雪を見ると、あの思い出を・・あっ。いかんいかん口がすべってしまった。」
・・・・・デジャブのような気がするが、気・に・し・な・い☆(←わからん人は「一休さん」を見てみよう。)・・・・・・つまらん補足が入ったりなんかするうちに、自分の番が来た。
「マックス二等兵、出る!!」・・・・うわ。真っ白。そう思ったときには「よろしく!」「よろしく!」とコクピットのなかで響いていた。分かる人には何のことかとかわかるであろう。知らない人は「戦場の絆」
をやっている人に聞いてみよう!・・・またつまらん補足が入った。「とにかく!!」私はコクピットペダルを踏んだ。ちなみに使用機は・・・・・この小説を読んでる人なら分かるでしょ。
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-05-22 20:07

マックス幾戦記録物語(HDリマスター版)第二部 ヒマラヤ編

第一話


・・・・・・・・・サラサラサラ・・・雪が降っている。「うむ。きれいだ。」
私はその雪を美しくもさびしく見ていた。
「雪を見ると、あの想い出を・・・・・・・・あっ。いかんいかん。つい口が滑ってしまった。」
しかし、やはりゆきはきれいで、はかないものだ。寒いし、風邪引くし。
(単に冬がキライなだけというのは内緒にしておく・・。)
あ~あ。こんなときにもビルスーツなどがア・・・・・・・・あ??
ア・・・・・・・・・・れ・・・・・・・・・・・・・は・・・・・・・・・・・?
モ・・・・・・モビル・・・・モビルスーツ!!!!???
なんと一体のザクがそこにまるで私に乗って欲しいのごとく立っているのだ。
私は震えた。寒がりなのではない。決して。こうふんだ。
その瞬間。私は走り出した。雪が降っているのですべる。こけそうだ。ずっ!!!!!!
・・・・・・こけた。「いたい~(泣)」しかし。私は負けない。顔がゆがんで、泣きそうでも。
負けない。負けちゃだめだ。負けちゃだめだ。・・・・・・・・・・・パくるなと自分に
突っ込みながらも、モビルスーツの前に来た。私はおもちゃを見た子どものように
走り、ザクに飛びつこうとした。「ザクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっっっっ!!!」
・・・・・・・・・・・・・・。ドサッ!!!!!!・・・・・・・・。__________「えっ????」。
気がつくと、ザクのコクピット・・・・ではなく。・・・部屋の床だった。
「夢・・・・・なのか・・・???」そう思ったとたんに力が抜けてきた。しかし、
同時にもうひとつあることが浮かんで、私は着替え、走り出した。
「あそこへ行こう。みんなが待っている・・・!!!!!!!」

・・・・・続く
[PR]

# by tookaiterebi | 2009-05-22 20:06